34 /「眉唾物」

¥ 540 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料400円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

34 / 眉唾物


1. じゃぽん
2. ぼや騒ぎ
3. 愛しきスレンダーガール

▽試聴
https://www.youtube.com/watch?v=7RMcAdVU7NQ

▽Twitter
https://twitter.com/34_sanjushi

「ありきたりな愛猫家は言う」

の一言で始まる三曲。
文学的な歌詞なんてよく売り文句に使われるが、大抵の場合は俺たちに文学なんかわかりやしないのを良いことに、でたらめ言っているようにしか思えない。
このCDを売るにあたって、540円分払う価値があると確実に保証できるのは、こんな字並び他の盤じゃおろか、どこを探してもなかなか見られるもんじゃないということ。
歌詞って、歌の力に頼るからか、歌詞カードに敷き詰めてみるとなんだかすっとんきょな文字列に見えることが多いけど、34の詞は白紙に並べても美しい。
純国産音楽、洋楽のテイスト一切なし。だけれど、俺の嫌いな、良くない邦楽臭さじゃなくて、ギター持った時に憧れた、まだオルタナっていう言葉があった時代の邦楽。
ハヌマーンの真ん中に友川カズキを立てて、坂口安吾が言葉を選んだような一枚。
良くも悪くも10分で終わる。気合を入れたい時に忍ばせてみては。